読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずれていく

書き始めて思うことをわあっと書きます。

 

1・書いているうちに思い出す

 

一つのエピソードのうち10/100くらいの記憶から書き始めると、

70/100くらいを思い出す。

 

 

2・書いているうちに話がずれていく

 

増えた50/100の記憶が違う意味や文脈をひっぱってくるのか、

勘だけで書き始めると言いたいことがずれ始める。

そうして、何かをそぎ落とし、何かを付け足し、

自分は何か言いたかったのかの落とし所を探す。

 

これは、論文を書くときにはまったく評価されない方法です。

少なくとも、私のいた研究室では、

ものをみてから問い・主題を立て、材料を揃え、構成を決めてから書き始めるのがよしとされます。

 

しかし、何が言いたくなったかわからなくなったひとは、

まず書いたらいいと思います。

 

文章が書けなくなった時期があります。

何を書いても、

間違いではないか、

見識が足りないのではないか、

何もいっていないのと同じではないか、

そう考えて、書いては消しを繰り返すうちに、

とうとう何も書けなくなりました。

そんなことは初めてでした。

 

だからこそ、書いているうちに何かが繋がって広がる今の状況が、新鮮です。

もっと、書きたいと思う。

落とし所を探しながら、どうなるかわからない言葉を追って楽しんでいます。

広告を非表示にする